「奥二重まぶた」さんの為のアイメイク講座

今回は「奥二重まぶた」タイプの為の「アイメイク講座」です。

日本人に多いと言われているのは意外にも奥二重まぶたなんです。
奥二重まぶたは、腫れぼったい印象を与えてしまう事があります。
この奥二重のアイメイク法は、基本的には一重まぶたのアイメイクと似ています。
ポイントはいかに奥二重をぱっちりした目元の印象に変えるかですね。

奥二重まぶたのアイメイクではアイライナーが重要です。
どのタイプさんでもそうですが、やっぱりアイラインひとつで印象が変わります。
やっぱり初心者さんにはペンシルタイプが楽でオススメではありますが、早くラインを引くのに慣れて、リキッドタイプのアイライナーが使えるようになるといいですね。
リキッドタイプだと、目のインパクトが大きくなるんです。

まつげの隙間を埋めるように、アイラインを太めに引くと目が大きく見えます。
カラーは、自然なブラウン系がおすすめですが、春・夏には紺色もいいでしょう。

アイシャドウは初心者さんは膨張色は使わないほうが無難でしょう。
(いわゆる暖色系。ピンクやオレンジの淡い色)
立体感のある軽い感じのまぶたに仕上げるにはアイシャドウの2色使いをおすすめします。
アイシャドウの2色使いではライトカラーとダークカラーを使って立体的にしていきます。
ダークカラーで目尻から中央と目尻から外側、下まぶたの目尻から中央の部分をぼかした後、ライトカラーでまぶた全体をぼかす手順です。
綿棒でぼかすと、グラデーションをキレイに出すことが出来ます。

パッチリした目元に仕上げるには、ビューラーやマスカラでまつげをしっかりあげることがポイント。
自然な感じにしたい方はマスカラのみでも大丈夫です。
マスカラの選び方と使い方はかなり重要です。
ボリュームアップマスカラとロングラッシュマスカラの両方を使ってみてください。
下のまつげにもマスカラをつけることで、目が大きく見えるようになります。

「一重まぶた」さんの為のアイメイク講座A

今回も、「一重まぶた」タイプの為の「アイメイク講座」です。

雑誌などを見ても二重まぶたのモデルの方って多いですよね。
一重まぶたの人は同じ効果が出るのか、自分に合うかどうか、考えちゃう人もいると思います。

一重まぶたの方には何色のアイメイク品が合うのでしょうか。
今回はカラーを基に勉強していきたいと思います。

一重まぶたのアイメイクは、同色系の濃い色と薄い色の2色使いで擬似二重を作るようにするのがいいです。
まずはベースとなるピンクを、眉下の辺りまで豪快にアイホールに乗せていきます。
ピンクは腫れぼったく見えるからと避けている方もいるかもしれませんが、ピンクは肌なじみがよい色なので、広範囲に使用しても派手になる事はないので大丈夫なんですよ。

次は赤みのあるブラウンを使用します。
目を開けて二重の線を作る様に、ブラウンのアイシャドウで印をつけておきます。
これは、目を開けた時に見えなくなってしまうとシャドウの意味がなくなってしまうからです。
目の際から印をつけた部分まで、シャドウを豪快にのせていってください。
境目だけを綿棒を使ってぼかしていきましょう。
すると、きれいなグラデーションができます。
下まぶたには、最初のせたピンクをラインの様に細く乗せていきます。
目を大きく見せたい方は、先ほど使った赤みのあるブラウンを中央にのせると、目をたてに長く見せる視覚効果があるので、効果的です。

一重メイクは、アイシャドウの使い方も大切ですが、まつげが最も重要なポイントとなります。
マスカラはロングタイプをお奨めします。
しっかりビューラーしたらマスカラを2度塗りで長さをだしていきます。
ビューラーが苦手な人は、美容院などで、まつげパーマをするのもいいでしょうね。

きれいなアイメイクができたでしょうか?
はじめは難しくても、だんだん慣れてきます。
あなたのやりやすい方法を見つけながら、お顔に合ったアイメイクを目指しましょう。

「一重まぶた」さんの為のアイメイク講座

「一重まぶた」タイプの為の「アイメイク講座」です。

一重まぶたの人がアイメイクをするときのポイントは、アイライン。アイラインは細くすっきり引くようにしましょう。
なぜなら一重まぶたさんはアイラインがそのまま見えてしまうからです。
だからといって、びくびくしながら細心の注意をはらわないといけないと肩に力を入れなくてもいいですよ。
目標は自然に引ける様になることですね。

いいですか。
少しぐらい太く引いたってぼかしを入れれば大丈夫なんです。
薬指でぼかすか、綿棒でぼかすのがいいでしょう。
化粧品メーカーでは、それぞれ細く使いやすい綿棒を売り出していますから、そういったアイテムを探してきましょう。
憧れのメイクアップアーティストとのコラボというのもあります。
そこまでこだわらない、そんな高いもの毎日使うのは・・・というような、倹約家さんは、ドラッグストアに行ってみましょう。
ベビー用品コーナーでは、赤ちゃんの耳鼻掃除用に極細やローションのついた肌に優しい綿棒があるので、そのようなものもお勧めです。

では、アイメイクの順番です。
アイラインはアイシャドーを入れてから引きます。
まつげの生え際を埋めるように引きましょうね。
アイラインをひくときは鏡などを少し上からのぞきこむようにするとやりやすいです。
アイラインを引く化粧品、アイライナーにはペンシルタイプとリキッドタイプがあります。
リキッドタイプのアイラインのほうが、より、線がはっきり出て細くかきやすいです。
しかし、初心者さんは、まず、ペンシルタイプを使うことをお勧めします。
ペンシルタイプで上手に書けるようになったら、リキッドタイプに挑戦してみてください。

アイラインのカラーは意外にたくさんあります。
微妙な色の違いで、印象が変わってきます。
初めて買う場合は、茶や薄い色を選ぶといいでしょう。
一時、目を大きく見せるということで、白が流行りましたよね。
アイシャドウが合わせやすい、いろんな色ともなじみのよいものから手に取ることをおすすめします。
迷ったときは、そのお店の美容部員さんに聞くのが一番です。
アナタにピッタリのアイライナータイプとからーを選んでくれることでしょう。
メイク方法も一度相談すると、自分でやるときに楽ですね。

アイメイクは人により、目の大きさや顔の印象が違うので一概にこうとは言えませんが、毎日鏡をみて、自分に似合う色やアイメイクの仕方を探してみて下さい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。